2018.12.8,working よりニッチにしてみよう

広くあまねくカバーするビジョンが見えない場合は、
もっとローカルに、もっとインディーにしていこうと思うのです。

人が居てこその、コンテンツ。

誰もが楽しめるというモノを目指しても、
楽しくなるのは、とても難しい。

よりニッチにしてみようと思います。

作りたいのです。攻撃的でない、建設的なコミュニティを。

まずは、自分の世代に近い人から、
声をかけていこう。

独りじゃ何もできないですから。

ファミコン世代 / for Gamers / Diary & Community.
PlayedCODE.net 。

リスタートです。

2018.10.29,working ゲームコミュニティをより良くしていこう

ゲームコミュニティを作るために、ゲーム実況にも本腰入れて始めて、約1年。

 

言えることは、ゲームは素晴らしいコンテンツであること。

そして、そのコンテンツを良くも悪くもするのは、オンラインでの人の品性であること。

 

匿名だからこそ、相手と建設的なコミュニケーションを模索すのか、

無責任に好き勝手にふるまうのか、とても別れるなと思いました。

 

それをコントロールしようと、プラットフォーム側で、実名制などリアルとのリンクの仕組みを作るのも大切だと思いますが、

私のコミュニティでは、当初からのポリシー、ゲームを本当に楽しむために、リアルと切り離し、匿名である事を、今後も大切にしていきたいなぁと思います。

 

でも、コミュニケーションなくして、このポリシーは伝わらない。

留意事項を作って運用を開始するものの、どうにも固い状態になるんだよなぁ。

今後も改良が必要なようです。

(18.11.3 追記:ポリシーをブログに書いて、コミュニティの皆さんに伝えました:ブログ|なぜゲームをするのか。さぁリフレッシュしていこ。)

 

何の為に、コミュニティを作っているのか。

ではなくて、色々なコミュニティは、人間の何のために在るのか、を模索していきたいと思います。

 

今の自身の気持ちは、「コミュニティは、リフレッシュする為に在る」と思っています。

 

 

さぁ、何事も楽しんでいこう。

2018.7.14,working 広告を学んで使わせてもらおう

営利目的は、二の次、三の次。

そろそろ広告を使わせて頂こうかしらと考えるに至る。

目標は、知り合えた方々を、たくさんの人々とつなげること。
目的は、ゲームプレイをもっと楽しみたいから。
ゲームプレイを楽しむって、もっと語らう事なのだろうかと、最近思うようになった次第。諸々の事由は長くなるから後述します(笑)

で、

どこに広告を出すんだというと、アカウントを既に持っていて、YouTube とのシームレスな手続きができる、Google AdWords 。https://adwords.google.com/
他の広告媒体は諦めることにします。。運用する時間も限られてるし、広告へのリソースはそんなに割り当てる余裕がありません(笑)

早速 Google AdWords を開くと、express なる簡単入稿ウィザードがある事に驚いた。

昔からある入稿システムもあるんだけど、これが、とってもテクニカル(笑)
細かく設定できるとはいえ、途中で広告出さなくても良いのでは、、、とか、止める理由を考えてしまうぐらい、面倒くさい。

それに比べて、イイネ、express。

マジ express やわ(笑)
進化してるもんだねぇ。。。。

で、

入稿しようと考えてると、自分がどれだけ雑な情報整理をしていたのか気付かされる。
広告はキャッチフレーズがとても大切かつ、そしてそのキャッチフレーズで何を想起してもらいたいのかが勘どころ。
視野の狭い主張や、リーチ先を軽んじたような、上から目線の下品な売り文句では、空回りすること必至。

それに無名の戯言なんて、タラタラと謳っても、見てくれる人なんてまず居ない。

そうすると、自分が、何をしたかったんだろうと思い至るのでした。。。

で、

先程の後述すると書いた、長い諸々の事由に行き着くのですが、事由は、長いし、自分の考えなので、さらに後述します(笑)

まず、紹介動画を作りました。

WEBサイトより、ゲーム実況で、自分達の雰囲気を伝えるには、動画がやはり便利だなぁと作って思いました。
見たらわかるもんね。なんとなく。
文章よりも分かりやすい。
しかし、3分の動画を作って広告まで設定するのに、企画構成から制作、広告入稿まで、6時間ぐらいかかった(笑)
大変すぎる。。。皆さんすごいですなぁ。。。

で、

広告を出すのは、この紹介動画と、PlayedCODE のWEBサイト。
この動画がすべての広告塔になり、その受け皿のWEBサイトとして、この PlayedCODE のWEBを設定しました。

問題は、お金ですよ。予算ですよ。

最低で毎月6千円(1キャンペーン)で。しかも、金額を低く設定すると、入札から漏れるので、おそらくほとんど表示されないに違いない。
しかし、個人で、もっと楽しもうとするだけで、毎月6千円って価値観かわる値段ですな(笑)

動画と、WEBサイトで、2キャンペーン。毎月1万2千円かぁ。。。。

高いよ!!!(笑)

でもやってみるのです。何事も。。。頑張ってお仕事してお金は稼いでこればいいのですよ(笑)
またおいおい、進捗は記していこうかと思います。
最後の事由は、私個人の考えなので、情報として、何の価値もありません(笑)
無名であがいている人の備忘録だと思ってご容赦くださいませ。

情報を発信していきたい事由

クリエイターと、サポーターと、プレイヤーと、オーディエンスに、立場が上だとか、下だとかも無いと思うんです。
コンテンツを作れる事だけが、エライ訳じゃない。
何かをプレイする事だけが、スゴイ訳じゃない。
何かを知っている事だけが、優れている訳じゃない。
称賛されようとする事は、行動する動機づけにはなるかもしれないけれど、誰かと一緒に楽しみ、満喫する為には、弊害にしかならないと思うのです。

そもそも、コンテンツを咀嚼し楽しんで、たくさんの人々が交流できないと、コンテンツ自体が、この世に存在しないのと、同じじゃないかなと考えています。

極論ですけども。

正直、私は、コンテンツを研究、攻略し、プレイする能力は、間違いなく低いです。

あらゆる分野のギークやナードに憧れる、ただのファンにしかなれないです。

でも、誰かと、何かで楽しもうとする気持ちと、それを具現化しようするプラットフォームのデザイニングを学生時分から何十年も模索し続けてきました。

そんな自分が、コンテンツを「楽しんでるわー!」と思える時って、誰かと一緒に、何かを語らい共感している時、だと思う事が多くなってきました。

だから、
・その「楽しんでいると思える時」をもっと増やしていく為に、
・知り合えた方々に、
・まだ見ぬ人々と、
・出会って頂きたいのです。

そして願わくば、その最高に楽しめる舞台の観客席で、私は、最前列に座りたい(笑)ので、皆さんと一緒にプレイできるよう、努めたいと思います。

プレイヤーの方々と一緒にプレイできる事こそ、ファン冥利に尽きるというものかと。

だから、これから、広告を学び、使わせて頂こうかと思います。

これからも、もっとたくさんの方々と、出会えますように(-人-

今後とも、発信&配信の UNIQUEPLAYER.work と、ダイアリー&リンクの PlayedCODE.net を、どうぞよろしくお願い致します。

2018.4.1,working コミュニティを広げていこう

2018.4.1(日)Started.

Twitch で配信するようになってから、たくさんの方々と会えた。

好きなゲームタイトルに集まるので、とても楽しい関係。

 

そんな方々とも、ゲームタイトルが異なったり、今プレイしているタイトルが異なると、どんどんと疎遠になってくる。

なんか、もったいないなぁと思うに至る。

お互いに、楽しみたいときだけ楽しめる、好意的で素晴らしい関係なのに。

 

そこで、少しでもその関係が続くよう、チームよりもう少し大きめのプラットフォームを作ってみる事にした。

誰かのチームに所属するとなると、その人のイニシアチブが重要になってくるし、そんな関係は求めてない。

あくまでも、遊びたいときに、一緒に遊べる、知っている人が居るかどうかが、大切だと思うので。

 

上手くいくかどうか、賛同されるかどうかは、さておき、作ってみる。

 

プラットフォーム名は、PlayedCODE 。

 

たくさん遊んだ記録を、たくさん取るのです。

時間的制約を越えて、たくさんの人とつながれるように。

 

過去とつながれるネットワーク、便利な時代になったなぁ。。

 

さて、これからも、自分に出来る事をやっていこう。

https://playedcode.net/

 

2017.12.1,working Twitch でオンラインプレイヤーとプレイしていこう

2017.12.1(金)Started.

ゲーム実況のライブストリーミングサイト「Twitch」で配信しつつ、見てくれている人と一緒に、ゲームをプレイしていきます。

ゲームタイトルは、基本無料 MO SF TPS 「Warframe」。

Warframe
https://www.warframe.com/ja

前々からキャラデザインが気になってたゲームで、ちょっとプレイすると、なんでもっと早くにプレイしなかったんだろうと思ったぐらい、好み。

しかしながら、2013年3月25日にリリースされてから、数年経っている事もあってか、初見ではシステムが深すぎて攻略サイトを見ても難しい状況だった。

そこで、ゲームプレイヤーが集まる Twitch でライブ配信すれば、同じようなプレイヤーが居るかもしれない。熟練プレイヤーなら、助けてくれるかもしれない。と思い配信を開始した。

 

ちなみにストーリーを知っておいた方が、もっと楽しめると思ったので、色々しらべてみたら、とても興味深いストーリーだった。その調べた際の記録として、ブログに掲載しているので、参考になれば幸いです。

UNIQUE PLAYER . work + BLOG.:
基本無料 TPS の Warframe 、プロローグが難解なので、図解してみた。 http://tokumacode.blogspot.com/2017/12/tps-warframe.html?spref=tw

2017.4.8 – working インディーズを応援していこう

2017.4.8(土)Started.
身近で楽しいサブカルは、インディーズが一番、とがってて面白い。と思うんです。商業も大切だけれど、サブカルは、カルチャーだから。むしろ完成してなくても良いと思うんです。クリエイターとオーディエンスと一緒になって作るのが、一番楽しい。もっとたくさんの人とインディーズを楽しめるように、応援していきます!

・SUPPORTER:TOKUMA

サポート内容
・作品、プレイヤーなどの紹介(NEVERまとめ、YouTube、Blogger、等)

NEVERまとめ
https://matome.naver.jp/odai/2149161697724952601

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCzxZXuA7bcq1sdEkRvoi-fw

Blogger
https://tokumacode.blogspot.jp/

Scroll to top